キッチン雑貨

コーヒードリップにおすすめなケトル【ハリオV60】口コミレビュー

こんにちは!元雑貨店員です。

今回はお店でも良く売れていたおしゃれなドリップケトル「ハリオV60」の使用感などをレビューしていきます!

シンプルかつスタイリッシュなデザインなのでインテリアとしても、プレゼントにしてもおすすめなアイテムですよ!

 

シンプルさと曲線美がおしゃれなハリオV60

早速フォルムを見てもらいましたが、このシンプルで洗練されたデザインはキッチンに置いてあるだけでもおしゃれ。

国内のカフェはもちろん、プロのバリスタや海外でも使われているグローバルスタンダードなケトルです。

 

さらに普通のケトルでは見慣れない細い注ぎ口はドリップのためのデザイン。

コーヒードリップの際に重要な「湯量が一定にできる」「回しかける」がしやすいデザインとなっています。

ガスコンロ、IHなど全ての熱源に対応しているので、使えるかどうかを気にせず使えるのもギフトにおすすめなポイント。

日本の耐熱ガラスメーカーで、国内で唯一耐熱ガラス工場を保有しています。このV60ももちろん日本製。

 

 

スポンサーリンク

使いやすさにも考慮したデザインが人気の理由

持ち手部分の写真ですが持ちやすい樹脂グリップで、ボディ部分と同じく揺らいでいるのが分かると思います。

これによりしっかり安定した持ち方が出来て、傾き加減の調整も楽々。

 

さらにフタにもご注目下さい。

ハンドルと同じ樹脂グリップで熱さを軽減しています。さらにトップが平らになっているのが見て取れます。

 

これは蓋を開けた際に机に置きやすく、転がったりしない造りになっています。

使う人や場所を考えた細かな配慮がなされておりストレスなく使えます。

 

注意点はヤカンではなくドリップケトルであること

全ての熱源に対応していますが、本来はドリップするためのケトルです。

なのでティファールやお湯を沸かす目的のヤカンに比べると沸くのが若干遅いと感じられるでしょう。

カラーもシルバーのため焦げ付きなどで黒くなりやすいので、美しい色を保ちたい場合はハリオで湯沸かしはしない方が良いでしょう。

 

私も基本的には別で湯沸かしをしてハリオに入れ替えてドリップと言う形です。

これをするとコーヒーのドリップにちょうどいい90℃ぐらいになるのでおいしいコーヒーが淹れられます。

 

また容量は1Lと記載されていても実際は6割程が利用の推奨です。

 

普通のヤカンとは異なり上に行くほどすぼまっていて、仮に並々入れたとしても注ぐ際に上から溢れ出るため、大量のお湯を使いたい場合などには不向きです。

 

スポンサーリンク

ここまで高機能なのにお手頃な価格

シンプルでおしゃれ、なのに使いやすい。

そんなV60ですがお値段としては比較的お手頃。

容量により多少の値段の違いはありますが大体4,000円以下で手に入ります。

 

お湯を沸かすためのヤカンではありませんので用途はかなり狭いですが、コーヒーが好きな方にはぜひおすすめしたいケトルです。

コーヒーミル・ドリッパー・V60ケトルをセットにしてプレゼントや自分用にそろえてもいいかと思います。

 

元々耐熱ガラスのメーカーなのでドリッパーやグラスなどもハリオで揃えても美しいですね。

 

 

 

 

”ハリオV60のポイントまとめ”
  • 実際のカフェでも使用されている機能性
  • グリップハンドルで持ちやすい
  • 普通のヤカンとしては使わない方が良い
  • 全ての熱源対応でプレゼントにもおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です