最新記事はこちらから
雑貨の知識

結婚式の服装マナーとデキる大人の小物使いを紹介!

こんにちは!元雑貨店員です。

結婚式関連ではプレゼントの次に悩む、出席時の基本的な服装マナーを紹介します。

結婚式は一世一代の晴れ舞台ですから、自分はもちろん、新郎新婦に恥ずかしい思いをさせないように、まずは基本的なマナーを抑えておきましょう。

 

ですが、せっかくならお洒落にそしてスマートに決めたいですよね!

今回は取り入れるだけで「おっ!?」と思われる小物について紹介したいと思います。

 

プレゼントに関する記事はこちら

結婚式の基本的な服装マナー男性編

男性の基本はスーツ+革靴

まず絶対アウトなのがデニムにスニーカーにシャツ!みたいなカジュアルな服装。

男性ではスーツ(ジャケット有)に革靴が基本です

 

最近では【カジュアル婚】と言うスーツ不要な結婚式もあるようですが、まだまだスーツが一般的です。

注意したいのは男性は真夏でも真冬でもジャケット有のスーツと言う点ですね。
暑くても我慢しましょう。

カッターシャツやネクタイは色・柄ありでもOK。

カッターシャツやネクタイは昔は白がベストと言われていました。

 

しかし最近ではカッターシャツは白以外にもサックスブルーでもOK。デザイン入りも遠目から見て目立たないようなピンストライプなどでは構わないとされています。

ネクタイはシャツ以上にデザイン性豊かでもOKになってきており、ストライプ・ラメ入りなど、デザインやカラー入りでも良いとされています。

そうは言ってもあまりドギツイカラーやデザインは悪目立ちしますのでほどほどに。

 

特に最近の結婚式では白ネクタイの着用率はかなり低く、カラーやデザイン物が主流です。

カッターシャツは織柄程度にとどめておき、ネクタイで遊びを入れるのがポイントですね。

スポンサーリンク

結婚式の基本的な服装マナー女性編

女性の基本的な服装はドレスorワンピース

女性の服装カラーはペールトーンのアイテムを選びましょう。

ベージュ、グリーン、ピンク、ライトブルーなどが定番でしょうか。

 

しかし明るすぎるカラーは目立ちすぎるため、淡いカラーをチョイスしましょう。

またデザインもギラギラしたスパンコールやスタッズが付いていない物を選びましょう。

素材はサテンやシルクなど光沢のある物を選ぶと品のある雰囲気になります。

丈は最低でもひざ下、露出も少なく

ミニ丈のドレスや胸元や肩回りがざっくり開いたドレスなども避けましょう。

ノースリのドレスを着用する場合は必ず羽織物を使用して肌の露出は抑えるようにしましょう。

レンタルを利用するのもあり

男性のスーツと違いカラーやデザインも豊富で、他に中々使い道も無いので何を選べばいいか困る!と言う声があります。

そのため、女性向けにドレスのレンタルサービスもあります。

 

  • 細かいマナーがよくわからない!
  • 新しいのを買うのもちょっと気が引ける・・・

と思う方はこういったサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

男女ともにNGな服装マナー!

白・黒・バイカラーは避ける

白は花婿・花嫁さんの衣装と被る可能性が高い為NGです。

あまり明るすぎないカラーをチョイスしましょう。

 

また、黒は日本では弔事の際に着用するカラーです。

特に黒スーツ、黒シャツ、黒ネクタイ、黒ワンピなどは絶対NGなカラーですので注意しましょう。

 

これは女性のドレスに多いですがバイカラー(2色以上使い)の物もあまり良いマナーとは言えません。

2色以上使っている=別れるを暗示させるためですので、1色の使いのワンピース・ドレスで。

揺れるアイテムの着用も禁止

女性は特にピアスやイヤリングなどを付けたいと思いますが、必ず耳に密着し揺れない物を付けましょう。

揺れるアクセサリーは「家庭が揺れる」を暗示させる為、結婚式にはそぐわないアクセサリーです。

ファー小物はNG

これも使うのは主に女性ですが、一見ゴージャス感を演出できるファーもNGです。

結婚式に限らず世界的に問題視されている、ファッションのために無駄な殺生をするべきなのか?と言う概念があるためです。

スポンサーリンク

結婚式の服装にプラスしたいおしゃれ小物

基本の服装にプラスして周りと少し差を付けられる、おしゃれな小物を紹介します。

無くても問題ありませんが、あるとデキる大人にみられるかも!?

キレイなデザインの「ご祝儀袋」

ご祝儀袋は百円ショップでも売られていますが、せっかくのお祝い事なのでデザインの豊かな袋でお渡ししたいですね。

雑貨屋さんや文房具店で1袋500円程度で売られています。

お祝儀袋を包む「袱紗(ふくさ)」

袱紗(ふくさ)とは、金封を包むために使われるきれいな包み。

本来は進物に掛けたり、湯呑や茶わんを包んだりして使う小さい風呂敷のような物です。

 

最近では食器などはエアパッキン(プチプチ)でくるむことが多いので、実質金封包みのようになっています。

そのため旧来の真四角の物の他に、封筒型になっていて手軽に包めるタイプの物があります。

結婚式でも弔辞でも金封は使われるのでセットの物で持っておくと使い分けも便利ですね。

 

男性の胸ポケットに忍ばせる「ポケットチーフ」

ちょっとダンディズムなイメージを添えてくれるポケットチーフは、お手頃なのに華やかさが格段にアップするアイテム。

 

見た目が全く変わってきますので個人的には一押ししたいマストアイテム。

 

基本的にはネクタイの色に合わせて使えばまとまりもあっておしゃれ感が演出できます。

ネクタイの色を考えないのであればシャンパンゴールドやシルバーなどが使いやすいかと思います。

 

女性ではアイキャッチになる「コサージュ」

基本マナーでも出たようにシンプルドレスが基本の女性の衣装ではコサージュで差を付けて。

と言っても白や黒、生花はNGです。

あまり難しく考えずドレスの色に合わせてチョイスしましょう。

 

以上、結婚式の服装マナーと周りと差がつく小物の紹介でした!

 

結婚式の服装まとめ
  • 男性はジャケット有のスーツ
  • 女性はシンプルなドレスやワンピース
  • 白・黒は基本NG
  • アクセのチョイスにも気を付けて
  • 気の利いた小物で雰囲気もググッとアップ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です